あの日、何を報じたか1945/6/6【警報伝達中殉職 表彰方を県に申請】西日本新聞の紙面から

西日本新聞 福間 慎一

 〈福岡県朝倉郡某村警防団警報副部長、吉住卯三郎氏(四九)は去る三月二十七日、敵機の空襲下、新聞配達、小島イヅミさん(一三)ほか二名が街路にいるのを発見、ただちに自分の防空壕に待避させ引き続き警報伝達に活躍中、敵投弾の破片で殉職した。甘木署では長男はじめ三人の子供を第一線に送り出している卯三郎さんが常に警防挺身の決意で勤務にあたり、この日三人の少女を無事待避させ自身は殉職したことは警防精神の権化だと県あて表彰方を申請した〉

 200字程度のいわゆる「ベタ(1段見出し)記事」。紙面の下方に小さく掲載されていた。(福間慎一)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ