ゼンリンミュージアム6日開館 世界の古地図など120点展示

西日本新聞 岩佐 遼介

 ゼンリン(北九州市)は6日、地図の歴史を紹介する「ゼンリンミュージアム」を北九州市小倉北区の商業施設「リバーウォーク北九州」にオープンする。5日に内覧会があり、国内外の古地図など約120点が関係者に披露された。

 館内には、西洋で初めて日本を単独で描いたボルドーネ製作の「日本図」(1528年)や、江戸時代以降に旅行案内図として使用された鳥瞰(ちょうかん)図などを展示。地球一周分の距離を歩いて製作された「伊能図」を紹介するコーナーもある。

 昨年11月に閉館した「地図の資料館」の展示フロアを1・5倍の約千平方メートルに拡大して刷新。4月に開館予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大で延期していた。入館料は税込み千円で、保護者同伴の小学生以下は無料。月曜休館。(岩佐遼介)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ