生のシャキシャキ食感を 福岡・上毛の新ジャガ「はるか」

西日本新聞 夕刊

 ステイホーム! 今日は俺が夕飯を作るぞ、と妻に宣言し、福岡県上毛町の農産物直売所、湯の迫温泉・大平楽「産直処(どころ)さわやか市」へ行く。「生のままサラダでどうぞ」と書かれた新ジャガが。

 品種名は「はるか」。町内の農家30人ほどが直売所出荷用に、それぞれ約3千平方メートルの農地で試験的に栽培しているのだという。

 「だまされたと思うち、生で食べてみ。ふかしたら皮がするっとむけて色白やし、煮物にしても煮崩れせん。天ぷらも評判良かったで」。生産者の上永富雄さん(72)も太鼓判を押す。

 自宅に戻り、生のままささがきにして、ドレッシングで食べてみる。シャキシャキとした歯応えが面白く、ほのかな甘さ。生食は初めてだったが、案じたようなジャガイモ特有のデンプン臭とキシキシ感もなく、ジャガイモ本来の味が楽しめた。

 もう一品は、きんぴらに。ベーコンと一緒に少し半生に炒め、シンプルに塩こしょうで味付けした。生の食感そのままに、スパイスとの相性も良い。 妻のお褒めの言葉に気を良くし、翌日も台所に立ち、色白ポテトサラダと天ぷらに。この新ジャガ、家庭円満をもたらす福なる食材かも。

 (フリー記者・都田増男)

 ▼はるか 福岡県上毛町下唐原1625の「産直処さわやか市」で、1袋約350グラム(3~4個入り)200円前後で販売。さわやか市=0979(84)7655(午前8時~午後6時半)。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ