休校、詰め込み…「子どもは疲れている」 学校生活や入試に不安の声

西日本新聞 佐賀版 北島 剛

 新型コロナウイルスによる佐賀県内の教育への影響について、西日本新聞は6月2~4日、無料通信アプリLINE(ライン)でつながる県内の「あな特通信員」を対象にアンケートを実施した。回答者からは学校生活や入試に対する不安や疑問の声が寄せられた。

 小学3年生と5年生を育てる鳥栖市の40代女性は「2カ月半の休校が再開してからは、みっちり授業がある。暑さもあって子どもたちは少々疲れている。授業の理解度に大きな差が出てくるのではないかと思う」と不安を漏らす。

 佐賀市の40代女性も「高校1年の息子は、学校での授業は内容が詰め込まれていて、理解できないのにすぐテストがある。疲労(こんぱい)気味で不登校にならないか心配だ」という。

 別の佐賀市の40代女性からは「子どもに我慢させる前に、大人が自粛すべきだった。子どもの学校生活を奪う必要があったのか」と臨時休校そのものを疑問視する意見も。基山町の50代男性は「子どもたちは勉強の遅れをどう取り戻すかを考えると思う。親や先生など周囲がどうケアしてあげられるかが重要だ」と指摘した。

 教育現場からも意見が上がった。唐津市の中学校の男性教師は「教室のスペースに限界があるので、生徒間の距離が保たれない。授業の進み具合も各学校でばらつきがある」と現状を説明。佐賀市の特別支援学校の男性教師は「県立高校のみオンライン授業の検討、実証が進み、県立特別支援学校は進められなかった。教育機会の提供の差別だと思う」と問題提起した。

 入試への影響も気になるところ。佐賀市の40代女性は「高校3年の息子の大学入試がどうなるか心配。入試時期や選考基準など不公平のないよう考慮してほしい」と要望。小城市の50代女性は「浪人生が有利にならないよう試験範囲を狭めるしかない」と提案する。

 中学3年の保護者の30代女性(鳥栖市)は「体験入学が公立高校はほぼ全滅で、私立高校もできるところが少ない。行きたい高校を決められるか不安だ」と語る。佐賀市の高校の男性は「高校生の9月の就職試験が先」と就職活動対策を急ぐように主張した。

 学校行事の中止・縮小について、武雄市の50代女性は「息子の中学校の卒業式が規模縮小で行われて寂しかったが、ないよりはましと思うようにした」と振り返る。鹿島市の30代女性は「子どもたちの意見も聞いた方がよかった」と注文した。(北島剛)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ