中村医師の父も弱者に寄り添った 火野葦平資料館長「生き方重なる」

西日本新聞 北九州版 米村 勇飛

 アフガニスタンで凶弾に倒れたNPO法人「ペシャワール会」(福岡市)現地代表の中村哲医師(享年73)の父、勉さん(1904~79)が社会運動に奔走したことは知られていない。関東大震災での経験を原点に、港湾労働者の生活力向上を目指して活動し、義理の兄の芥川賞作家火野葦平(06~60)とともに検挙されたこともある。火野葦平資料館(北九州市若松区)の坂口博館長は弱者に寄り添う哲さんの姿を、勉さんの生き方に重ね合わせている。

 若松町(現同区)で生まれた勉さんは、福岡商業学校(現福岡市立福翔高)を経て早稲田大に進学。中退後、24歳の頃に若松築港株式会社(現若築建設)に就職した。

 地元の石炭荷役業「玉井組」で働いていた葦平と知り合い、労働運動などで親交を深めた。30年には葦平の妹の秀子さんと結婚。46年、2人の間に生まれたのが哲さんだ。

 大学在学中の23年、関東大震災に遭い、日常を失った市民の惨状や、混乱に乗じた朝鮮人への迫害を目の当たりにした。以後の社会運動や平和主義指向を決定づけたという。

 若松に帰郷後は、日本労働組合全国協議会の支部幹部を務めたり、今の生活協同組合に当たる組織を立ち上げたりして港湾労働者の生活力向上を目指した。32年には組合立ち上げなど一連の「左傾活動」を原因に、葦平らと検挙され、執行猶予付きの判決を受けた。

 37年ごろには「受刑者の更生を手助けしたい」と、出所者に再就職先の世話をしていた。戦後は古賀町(現古賀市)で旅館を経営。核兵器廃絶を訴える平和行進があった時には、各都市をリレーして行進する参加者に自ら宿を提供して活動を後押しした。

 勉さんは亡くなる数年前まで旅館を経営。坂口館長によると、親戚や周囲の人は勉さんを「真面目で熱血漢。よく人の世話をする人」と評していたといい、終始実直な生き方を貫いたという。

 学生時代から文学活動をしていた勉さんは主に詩を書き、葦平らと同人誌も発行。坂口館長は若松での勉さんの活動を調べ、勉さんが葦平らと刊行した同人誌も収集している。坂口館長は「真面目で真っ直ぐな性格は親子で似ている。用水路建設のために黙々と汗をかく哲さんの生き方と重なって見える」と話す。 (米村勇飛)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ