密な関係へ「自己アピール」 ムツゴロウが求愛ジャンプ

西日本新聞 一面 柿森 英典

 干潟に恋の季節到来-。佐賀県小城市芦刈町の六角川河口で、繁殖期を迎えたハゼの仲間であるムツゴロウの雄が、雌に向かって「自己アピール」する求愛ジャンプを繰り返している。

 同県有明水産振興センターによると、ムツゴロウは有明海や八代海の干潟に生息、成魚は大きいもので体長約20センチになり、水温が上昇する7月までが繁殖期になるという。コロナ禍で、3密を避ける人間社会とは違って、恋愛成就した何組ものカップルがそれぞれの巣穴に消えていった。

 ムツゴロウ撮影歴約40年の福岡県篠栗町の石川吉夫さん(74)は「華麗なジャンプと、ひょうきんで愛らしい顔が魅力です」と話した。 (柿森英典)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ