無料で保育士試験のオンライン講座 福岡のテノHDが資格取得サポート

西日本新聞 仲山 美葵

 保育事業を展開するテノ.ホールディングス(福岡市)は、保育士の国家資格取得を目指す人向けに無料のオンライン講座を7~9月に開講する。新型コロナウイルスの感染拡大で解雇や雇い止めに遭う人が増加する一方、保育士はなお人手不足感が強いことから、資格取得を後押しする。

 保育士試験は短大や大学を卒業した人などが受験でき、筆記と実技の試験をクリアする必要がある。

 講座は10月にある次回の筆記試験に向け実施。9科目計80時間で、7月7日からの火曜と水曜に1日4時間を予定。教材もオンラインで提供する。定員は設けず、今月30日まで同社のウェブサイトで受講者を募集する。筆記試験の合格者には、12月にある実技試験に向けた対策も無償でサポートするという。

 同社は従来、実技試験の対策も含む養成講座(120時間、税別30万円)などを実施している。池内比呂子社長は「新型コロナで失業した人などを支援するため、企業として迅速にできることをしたい」としている。

(仲山美葵)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ