「再審無罪まで長生きを」原口さん93歳誕生日前にエール 大崎事件第4次再審請求

西日本新聞 社会面 河野 大介

 鹿児島県大崎町で1979年に男性の遺体が見つかった大崎事件で、殺人罪などで服役し、無実を訴えて第4次再審請求中の原口アヤ子さん(92)を励まそうと、滋賀県の病院患者死亡で今年4月に再審無罪が確定した元看護助手西山美香さん(40)ら11人が12日、原口さんが入院する鹿児島県内の病院を訪ねた。面会し、「次はアヤ子さんの番。再審無罪まで、長生きしてね」とエールを送った。

 西山さんや、大阪市で起きた小6女児焼死で2016年に再審無罪が確定した青木恵子さん(56)、大崎事件弁護団、支援者ら11人が訪問。第4次再審請求を申し立てた3月30日の直前に面会する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で実現できなかった。今月15日で93歳になる原口さんの誕生祝いとして、面会が実現した。

 新型コロナ対策のため、面会は報道陣を入れずに実施。弁護団によると、鴨志田祐美弁護士が「今回は強力な新証拠を出している。お願いだから元気でいてね」と語り掛けた。原口さんは真剣な表情で小さくうなずき、顔色も良かったという。バスタオルをプレゼントしたという西山さんは、面会後の記者会見で「(高齢でも)再審を忘れてないのはすごい」と語った。

 第4次再審請求は、原口さんに代わり長女が申し立てた。5月に鹿児島地裁、弁護団、検察側による3者協議がスタートしている。 (河野大介)

鹿児島県の天気予報

PR

鹿児島 アクセスランキング

PR

注目のテーマ