聴覚障害者の傍聴を支援 発言表示のモニター設置 佐賀市議会

西日本新聞 佐賀版 穴井 友梨

 佐賀市議会は聴覚障害者が本会議を傍聴するのを支援しようと、議場での発言内容を文字化して表示する文字情報用モニターを設置した。傍聴席に置き、近くの18席を利用者の優先席として確保している。

 マイクの音を赤外線で伝える赤外線補聴システムを利用し、会議録作成システムで文字化する。モニター以外は既存の機器を使用することで設置コストを抑えたという。機器に不具合があった際に事務局職員を呼び出せるボタンも置く。

 事務局は「システムの精度は7~8割ほどで完璧とまではいかないが、少しでも傍聴者に優しい議会でありたい」としている。(穴井友梨)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ