0対183で負けても…ラグビー強豪校に挑む部員たちの闘争

西日本新聞 佐賀版 入江 剛史

 沈みかけた夕日が照らす土のグラウンド。5月下旬、鳥栖工業高ラグビー部監督の徳永元紀(39)が練習後、部員に告げた。「6月21日、佐工との公式戦になった。Aチームが本気でくるぞ」。身構えるような部員の空気を感じ取った。

 新型コロナウイルスの影響で中止となった県高校総体の代替大会の開催に、「自分たちの力を試せる」と気を引き締めた主将の尾中将真(18)。ただ「準備は間に合うのか」「怖い」という仲間たちの不安も感じていた。

 0対183―。4カ月前の1月、県高校新人ラグビー決勝戦で佐賀工業高にまたも圧倒されていた。前後半60分で27トライを許した。約2分に1回、トライを奪われた計算だ。ラグビーにコールド負けはない。体を当てることから逃れられない。痛みと疲労は闘う意思をそぎ取る。100点を超える差は重い。

 佐賀工は全国大会に38年連続出場し、五郎丸歩ら日本代表選手も輩出する強豪校だ。全国大会出場を懸ける県大会決勝では佐賀工と鳥栖工が12年連続で対戦しているが、いずれも佐賀工が圧勝。220点を奪ったこともある。

 1強の「佐工」にどう挑むか。それがそのまま佐賀の高校ラグビー史となる。

 県大会決勝後、佐賀工でなく、鳥栖工の監督が胴上げされたことがある。

 1988年、県総合運動場の本部テント前で、試合を終えた選手たちに囲まれ、当時の鳥栖工監督の友清正晴(63)の体が2度3度と宙に舞った。

 9対28。「負けとるのに複雑な気持ち。でも選手に達成感はあったと思う」。ラグビーを高校から始めた部員が猛練習し、朝からスクラムを組んだ。友清には実のところ「50点差以内であれば御の字」との思いもあったから、その想像を超えて選手は戦った。「打倒・佐工」の旗を掲げ続けたからこその惜敗だった。

 当時は県大会に6校が出場していたが、2017年から3年連続で佐賀工と鳥栖工の2校のみ。まず佐賀農業と佐賀東が姿を消した。次第に部員が入らなくなった。19年度に佐賀西が休部に入ると、部員2人が残っていた龍谷も佐賀西との合同チームで試合に出る見通しもたたなくなり、20年度から活動休止に入った。

 「いつか佐工に勝利を」と期すチームの中で、鳥栖工だけが残った。昔と変わらず「素人」が集まって練習に励み、佐賀工に挑む。選手39人のうち高校からラグビーを始めたのが33人。中学での部活はパソコン部、卓球部、野球部、そして“帰宅部”などと幅広い。

 「このままじゃ100点、200点取られるかもしれんぞ」。決戦を前に静かな口調で生徒に語りかけた監督の徳永は鳥栖工0Bではなく、龍谷の出身。高校3年時に県大会で鳥栖工に惜敗して引退した。その鳥栖工は佐賀工に0―226で敗れた。1強に挑める監督は、もう県内に1人しかいない。「打倒・佐工」の宿命を負う。 =敬称略
   ◇    ◇
 県高校総体などの代替大会「SAGA2020 SSP杯県高校スポーツ大会」で、鳥栖工ラグビー部は21日午前11時、佐賀工との試合に同校で臨む(観戦は保護者と学校関係者のみ)。100点以上も突き放され、圧倒されてきた相手に挑む。なぜ彼らは闘うのか―。

(入江剛史)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ