豪雨災害では…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 御厨 尚陽

 「豪雨災害では、死ななくていいはずの命がたくさんある」。先日、取材した防災の専門家の言葉だ。発生の予測が難しい地震に比べると、雨雲の動きや翌日の予測雨量もインターネットで簡単に調べることができるため、事前に避難しやすい▼とはいえ、「たいしたことない」と、高をくくってしまうのが人間のさがだ。私自身も3年前の九州豪雨で苦い経験をした。「まだ現場を回っても大丈夫だろう」と思って取材を続けていたら、20分ほど前に通れた坂道が“川”となって引き返せなくなった。水位がみるみる上がって辺り一面が海のようになり、肝を冷やした▼新型コロナウイルスが流行している今年は、特に油断できない。被災地で感染者が爆発的に増加する恐れもある。日頃からの備えを心掛けたい。 (御厨尚陽)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ