水俣病慰霊式中止検討 市、実行委員に方針案

西日本新聞 社会面 村田 直隆

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期された水俣病犠牲者慰霊式について、熊本県水俣市が本年度の開催見送りを検討していることが分かった。市は式典実行委員会の各委員に賛否を尋ねる文書を送付しており、早ければ今月中にも開催の可否を決める意向だ。中止されれば1992年の開始以降初めて。

 慰霊式は市と患者団体などでつくる実行委の共催。水俣病が公式確認された5月1日に毎年、患者や遺族、行政や原因企業チッソの関係者ら約700人が参列している。今年は3月に延期が発表され、開催時期を未定としていた。

 文書は今月11日付で、緒方正実実行委員長と高岡利治市長の連名。冒頭に方針案として「令和2年度水俣病犠牲者慰霊式の開催を見送る」と明記。「秋ごろ、200人程度に規模を縮小すれば開催は可能ではないかと考えたが、この時期に収束しているか不明で、感染リスクがある」「慰霊式は、命の大切さを考え、水俣病に対する反省と誓いの式典であることから、原因企業や環境省なども出席するべきであり、規模を縮小して行うべきではない」などと記している。

 実行委に参加する各患者団体の意見は割れている。ある団体幹部は「高齢で感染したら重症化するリスクが高い参列者が多く、やむを得ない」と理解を示す。一方で「来年の開催も不透明な中、オンラインを活用するなど工夫し、規模を縮小してでも開催すべきだ」と反対する声もある。

 慰霊式は、熊本地震が発生した2016年と天皇即位日が重なった19年、いずれも10月に延期された。 (村田直隆)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ