【やさしい日本語】地震(じしん)などの 時(とき)に  使(つか)う、トイレの  自動車(じどうしゃ)

西日本新聞

おおきな  地震じしんや、大雨おおあめの  ときは、安全あんぜんな  場所ばしょに  げたほうが  いいです。

日本にっぽんでは、学校がっこうや  公民館こうみんかんなどに  げます。

たくさんのひとが  るので、トイレも  たくさん  必要ひつようです。

ですから、  長崎ながさきけん  島原しまばらは「トイレカー」を  用意よういしました。

ちいさな  トラックに、トイレが2つ  あります。

くるまなので、学校がっこうや  公民館こうみんかんに  簡単かんたんに  トイレを  はこべます。

トイレは、おとこの  ひと ようと  おんなの  ひと  ように  けることができます。

みずで  ながすことも  できます。120にんぐらいまで  つづけて  使つかうことが  できます。

ほかの  や  まちが  大変たいへんときにも、使つかって  もらいます。

トイレカーは、全国ぜんこくに600だいぐらい  ある  そうです。

島原しまばらの  市長しちょうは「トイレが  りないと  大変たいへんです。ほかの  や  まちとも、トイレカーを  したり  りたり  できるようにしたいです」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ