世界遺産、ブルーライトで医療従事者に感謝 福岡・熊本の3市企画

西日本新聞

 世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」のうち、福岡県大牟田市の三池炭鉱・宮原坑、熊本県荒尾市の同・万田坑、同県宇城市の三角西港が19日夜、新型コロナウイルスと闘う医療従事者に感謝の気持ちを伝えようとブルーにライトアップされた。

 初の3市合同企画。登録5周年に当たる7月8日まで、3施設(三角西港は洋館「浦島屋」)が青く染まる。

 感染症対策で、各地の文化財も入場制限などの影響を受けている。発案し、2市に呼び掛けた荒尾市の担当者は「地域の宝が再び広く注目され、“輝く”きっかけにもしたい」。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ