歓喜の球音、ホークスサヨナラ勝ち 3ヵ月遅れプロ野球開幕

西日本新聞 一面 林 原弘

 新型コロナウイルスの感染拡大で延期が続いたプロ野球公式戦は19日、約3カ月遅れでセ、パ両リーグが開幕した。史上初の無観客開催ながら、活動自粛を余儀なくされた国内スポーツ界の先陣を切って正常化の一歩を踏み出した。

 4年連続日本一を狙う福岡ソフトバンクは福岡市中央区のペイペイドームでロッテと対戦し、延長十回、2-1でサヨナラ勝ちした。初めて開幕投手を務めた東浜巨が5回無失点と粘りの投球を見せ、八回に柳田悠岐の犠飛で先制。九回に追い付かれたが、延長十回、初めて開幕スタメンに名を連ねた栗原陵矢の中前打で勝負を決めた。

 福岡ソフトバンクの開幕戦勝利は4年連続で、サヨナラ勝ちは2年連続となった。 (林原弘)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ