『死んだらどうなるのか?』 伊佐敷隆弘 著 (亜紀書房・1980円)

西日本新聞 くらし面

 「死とは何か」「死んだらどうなるのか」-誰もが一度は悩んだことがある難問がテーマ。日本人の死生観として「他の人間や動物に生まれ変わる」「別の世界で永遠に生き続ける」「自然の中に還る」など六つを挙げ、哲学担当の教授と最近祖母を亡くした男子学生の対話を通じて検討する。後半は唯物論的な指向の女子学生も加わり、哲学上の難問「心身問題」の考え方を整理する。著者は鹿児島市出身、ヴィトゲンシュタイン研究が専門の日本大教授。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ