福岡大空襲

 福岡市史などによると、1945年6月19日午後11時すぎから約2時間、221機の米軍B29爆撃機が福岡市に焼夷(しょうい)弾を投下。死者902人、負傷者1078人、行方不明者は244人に上り、被災戸数は1万2693戸に及んだ。当時の奈良屋、大浜、冷泉、大名、簀子の5校区に被害が集中した。

関連記事:福岡大空襲75年、平和への願い脈々と コロナ禍で静かな追悼行事

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR