コロナ接触確認アプリ、プライバシー保護どこまで重視する?

西日本新聞

みんなのモヤモヤ会議

 新型コロナウイルス感染者と接触した可能性を確認できるスマートフォンアプリの運用が始まりました。プライバシー保護のため、個人情報は特定されない仕組みになっている一方で、利用者に役立つ情報は限られています。

 厚生労働省が19日に公式リリースした「接触確認アプリ」は、希望者がスマホにダウンロードします。感染者のスマホが1メートル以内に15分以上とどまっていた場合に、通知が届きます。近距離無線通信「ブルートゥース」を使って、互いのスマホに無作為の符号を記録するシステムで、記録は14日間で無効となります。

 氏名や電話番号、位置情報などの個人情報は介在しないため、利用者が知らされるのは「過去14日間に感染者が近くにいた」という事実だけ。「いつ・どこで・誰と」接触したかは分からず、保健所なども接触者の情報を知ることはできません。また、通知が届くのは、感染者自らが感染したことをアプリに登録した場合のみです。

 こうした運用方法はプライバシーが守られる安心感がある一方で、「個人情報が記録されても、より詳しい接触情報が知りたい」という声もあります。みなさんは、どう思いますか?

*****
 モヤモヤ会議は、日常生活でモヤモヤすることや社会問題などを、みんなでワイワイ語り合います。自分とは異なる意見も「へえ!そんな考え方もあるんだ」と楽しむコーナーです。西日本新聞アプリのモヤモヤ会議室でも、いろんなテーマをおしゃべり中!

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ