鹿児島知事選25日告示 過去最多7人の争いか

西日本新聞 総合面 河野 大介

 鹿児島県知事選は25日告示される。前回までの3回連続一騎打ちから一転し、再選を目指す現職に元職と新人の6人が挑む構図がほぼ固まり、過去最多の7人が立候補を予定する。現県政に対する評価や新型コロナウイルス感染症対策、九州電力川内原発(同県薩摩川内市)の運転延長への対応などが争点になる見通し。投開票日は7月12日。

 立候補を表明したのは、いずれも無所属で、現職の三反園訓(みたぞのさとし)氏(62)=自民、公明両党推薦▽新人で元鹿児島大特任助教の有川博幸氏(61)▽新人で元九州経済産業局長の塩田康一氏(54)▽元職の伊藤祐一郎氏(72)▽新人で内科医の横山富美子氏(73)=共産党推薦▽新人で元民放アナウンサーの青木隆子氏(57)▽新人で元高校教諭の武田信弘氏(66)。

 三反園氏は子育て・高齢者支援や、農業と観光振興の継続などを掲げ「次の4年で飛躍するように努力したい」と訴える。

 有川氏は「県民の声を反映させる県政を整えたい」とし、農畜水産業のブランド化や観光の世界発信を主張する。

 塩田氏はコロナ禍で落ち込んだ経済の復興を重要視し、地域内で経済を回す発想で「東京一極集中を変えるチャンス」ととらえる。

 伊藤氏は3期12年の知事時代に財政再建などに取り組んだことを強調。「危機管理の経験でコロナ禍を克服する」としている。

 横山氏は米軍訓練の馬毛島(同県西之表市)移転反対などを掲げ「原発ゼロと憲法9条の理念を実現したい」と訴える。

 青木氏は「誰一人取り残さない鹿児島」を目指し、大型施設建設などの見直しでコロナ対策の財源確保を優先したい考えだ。

 武田氏は食料とエネルギー自給の大切さを説き「地熱開発が日本を必ずよくすることを分かってほしい」と話している。

 選挙人名簿登録者数は135万3946人(6月1日現在、県選管調べ)。 (河野大介)

鹿児島県の天気予報

PR

鹿児島 アクセスランキング

PR

注目のテーマ