佐賀県の高校ラグビーは初戦にして決勝戦を迎える…

西日本新聞 社会面 入江 剛史

 佐賀県の高校ラグビーは初戦にして決勝戦を迎える。県大会に出場するのは佐賀工と鳥栖工のみ。公式戦出場が2校というのは全国でも佐賀と島根しかない。30年前までは佐賀でも6校が県大会に出ていたが、部員不足などで次々に姿を消したという。

 佐賀工は全国大会に38年連続で出場し、五郎丸歩選手ら日本代表も輩出する強豪校。これに対し、鳥栖工は、高校からラグビーを始めた部員が大半だ。両校は、全国大会出場を懸けた県大会決勝で12年連続して戦い、佐賀工が常に圧倒。昨季は209対0という結果だった。

 鳥栖工の生徒はどんな思いでラグビーを続け、佐賀工と戦っているのか。そんな問いを抱いて取材し、佐賀県版に記事を書いた。そこには勝敗だけにこだわらない世界があった。互いを認め合い、居心地の良さをつくり、共に成長する。何のために部活動はあるのか。あらためて考えさせられた。 (入江剛史)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ