原発避難者訴訟、国の責任認めず 福岡地裁判決

西日本新聞 鶴 善行

東電に一部賠償命令

 東京電力福島第1原発事故で福島県などから福岡、佐賀など九州4県に避難した18世帯53人が、国と東電に計約3億円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が24日、福岡地裁であった。徳地淳裁判長は東電に対して一部原告への賠償を命じ、国への請求は棄却した。全国的な集団訴訟のうち、九州では初の判決。

 全国約30の同種訴訟で地裁判決は16件目。国が被告に含まれた12件のうち、国の責任を認めなかったのは5件目となった。

 原告らは2014年9月から順次提訴。経済的な損害や慰謝料など1人当たり550万円の賠償を求めている。

(鶴善行)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ