PIXARのひみつ展 福岡市博物館で7月1日開幕

西日本新聞 大淵 龍生

 米国の映像制作会社ピクサー・アニメーション・スタジオの作品作りを紹介する「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」(西日本新聞社などでつくる実行委員会主催)が7月1日、福岡市早良区百道浜の市博物館で開幕する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月下旬の開幕を延期していた。9月22日まで。

 ピクサー作品は、CGを駆使した精密で滑らかな動画を特徴とし、1995年公開(日本は96年)の「トイ・ストーリー」は世界初のフルCGによる長編アニメとして、96年のアカデミー特別業績賞に輝いた。

 会場には、キャラクターの表情の作り替えを楽しむことができるコンピューターやパネルなどを展示。数学やプログラミングが制作の鍵になっていることなどを解説する。

 新型コロナ感染防止のため、入場券は日時指定販売とし、「ARTNE(アルトネ)チケットオンライン」で30日午後3時から発売。体験型展示が多いため来場者にはビニール手袋を配布する。観覧料は一般1600円、高大生1200円、小中生700円。事務局(西日本新聞イベントサービス内)=092(711)5491(平日午前9時半~午後5時半)。

(大淵龍生)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ