闇夜に浮かぶ「ヤコウタケ」 緑色の淡い輝き放つ、福岡市

西日本新聞 柿森 英典

 福岡市南部の油山で光るキノコ「ヤコウタケ」が緑色に淡く輝き、幻想的な光景を醸し出している。

 「油山市民の森」職員でキノコに詳しい岩間杏美さん(26)によると、ヤコウタケは白色で高さ約1センチ。梅雨時期を中心に枯れ木などに生える。昼夜光っているが、理由は分かっていないという。

 油山には複数の光るキノコが自生するが、保全のため場所は公表していない。岩間さんは「菌類はとても小さいが、自然界の中で重要な役割を担う。これからも見守っていきたい」と話している。

(柿森英典)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ