原発運転延長の是非が争点 鹿児島県知事選が告示、7人届け出

西日本新聞 一面 上野 和重

 任期満了に伴う鹿児島県知事選は25日告示され、いずれも無所属で、再選を目指す現職の三反園訓(みたぞの・さとし)氏(62)=自民、公明推薦=と元職1人、新人5人の計7人が立候補した。7人の立候補者数は同知事選としては1947年の5人を上回る過去最多で、1947年の佐賀県知事選、2010年の長崎県知事選と並び、九州の知事選では最多タイ。投開票日は7月12日。

 県政史上初の民間知事となった三反園氏の県政運営の評価や新型コロナウイルス対策、24年に運転期限を迎える九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の運転延長の是非などが争点。

 立候補したのはほかに、元高校教諭の武田信弘氏(66)▽内科医の横山富美子氏(73)=共産推薦▽元民放アナウンサーの青木隆子氏(57)▽元知事の伊藤祐一郎氏(72)▽元九州経済産業局長の塩田康一氏(54)▽元鹿児島大特任助教の有川博幸氏(61)。

 前回「脱原発」を掲げ、野党系の支援を得て初当選した三反園氏が自民、公明の推薦を得て組織戦を展開する一方、自民県議や自民友好団体の一部、連合鹿児島などは伊藤氏や塩田氏の支援に回り、野党系の支持も割れる。

 第一声で武田氏は「地熱を生かし、エネルギーと食の自給率を高めていく」、横山氏は「まず原発を止める。馬毛島の軍事基地化を阻止する」、青木氏は「女性の感性で鹿児島に新しい風を吹かせていく」、三反園氏は「民間の発想で鹿児島の観光や農業を復活させる」と訴えた。伊藤氏は「今の危機管理は難しく、経験と実行力は私が優れている」、塩田氏は「10年先まで見据える若い候補に県政を託して」、有川氏は「社会保障を充実させ県民の安心安全を担保できる環境を整える」と主張した。

 有権者数は135万7073人(24日現在、県選管調べ)。

 (上野和重)

鹿児島県の天気予報

PR

鹿児島 アクセスランキング

PR

注目のテーマ