遠藤周作さん未発表小説発見 長崎の文学館 完成状態では初

西日本新聞 社会面 徳増 瑛子

 長崎市は26日、江戸時代の長崎を舞台に潜伏キリシタン弾圧を描いた「沈黙」で知られる遠藤周作氏(1923~96)の未発表の小説が、長崎市遠藤周作文学館で見つかったと発表した。同館によると、遠藤氏の没後、完成した状態の未発表の小説が見つかったのは初めてという。

 タイトルは「影に対して」。原稿用紙の裏面いっぱいに小さな文字でつづられた自筆の草稿2枚と、秘書が清書した104枚の原稿用紙を、今年2月に文学館学芸員が発見。遺族から寄託された約3万1千点の資料に含まれていたといい、研究者らに相談して未発表作だと確認したという。

 小説の主人公の名前は、遠藤氏の代表作「海と毒薬」など複数の小説にも出てくる「勝呂(すぐろ)」。遠藤氏は勝呂を描くとき、あたかも分身のように自身を重ねている。今回の作品でも、遠藤氏と同じように勝呂の両親も離婚する。勝呂は音楽家として道を究めようとする母親ではなく、父親の元で安定した生活を送る。母親に憧れつつ、そんな強い生き方に踏み出せない臆病さが描かれている。

 実際の人生では母親に引き取られた遠藤氏。常に期待に応えようとしていたが、作家として大成した姿を見せる前に亡くなっており、同館の川崎友理子学芸員は「自身の後ろめたさが表れているようだ」と話す。

 清書した原稿には遠藤氏が手を入れた箇所も見受けられるが、なぜ世に出さなかったのかは不明。原稿用紙に記載された住所から、1963年3月以降の執筆とみられる。小説は7月1日から同文学館に展示され、同10日発売の文学誌「三田文学」夏季号に全文掲載される。 (徳増瑛子)

本音と向き合う作品

 加藤宗哉・日本大芸術学部非常勤講師の話 遠藤氏が「本音」と真っ正面から向き合った唯一の作品と言えるだろう。弟子の私が知る限り、遠藤氏はいつも「母親に恥ずかしい人生を送っているのではないか」と気にしていた。母親をテーマにした作品を複数執筆している中で、この作品の文章は若く、母親にまつわる物語の始まりと位置付けられるのではないか。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ