中村哲医師の「原点」に迫る TNCがドキュメンタリー番組

西日本新聞 社会面 中原 興平

 戦乱のアフガニスタンで人道支援に尽くし、昨年12月に凶弾に倒れた故中村哲医師のドキュメンタリー番組「カカ・ムラド~中村哲の信念~」が29日未明、テレビ西日本(TNC)で放送される。現地映像や関係者のインタビューを通して、砂漠を緑に変えた中村医師の思いと業績が丹念に描かれている。

 「カカ・ムラド」は現地の言葉で「中村のおじさん」や「情熱おじさん」という意味。住民が中村医師のことを親しみと敬意を込めてそう呼んでいたという。

 番組は4カ月間にわたる取材を重ねて制作した。1984年にパキスタンの病院に赴任した後、隣国アフガンでも医療事業を進め、大干ばつを受けてかんがい事業も展開した足跡を紹介。幼い頃に過ごした北九州市若松区なども舞台に、信念の「原点」にも迫った。

 活動当初からの映像を軸に、中村医師のいとこや、活動を支えてきた福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」スタッフのインタビューを交えて構成した。昆虫に夢中だった幼少期の表情や、危険を顧みずに川に入って作業の場所を指示し、迅速に工事を進めないと「飢え死にする患者が増えます」などとスタッフを督励していたという逸話も紹介されている。

 放送は29日午前1時~同1時55分。担当したTNC報道部の藤野龍太記者(26)は「中村医師を突き動かした心の芯の部分を感じ取ってもらえればうれしい」と話している。 (中原興平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ