早朝の大雨、筑後各地で冠水「毎年のように」 久留米で川あふれる

西日本新聞 筑後版 片岡 寛

 活発な梅雨前線の影響で、福岡県筑後地区でも27日早朝から午前中にかけて大雨となった。小郡市で避難指示、久留米市やうきは市で避難勧告が出され、各地で道路が冠水するなどした。

 久留米市では、午前8時ごろまでの1時間に、この地点では観測史上最大の92・5ミリの降水量を記録。市内を流れる池町川や筒川、金丸川などで水があふれた。市によると、午後4時までに道路冠水16カ所、床下浸水2棟、河川損壊1カ所の被害を確認した。午前9時時点で、8世帯15人が避難所に身を寄せた。

 同市東櫛原町の久留米署周辺の道路は、昨年7月と8月の大雨に続いて冠水した。その様子を見つめていた男性は「ここは毎年のように水に漬かる」とため息をついた。近くのスーパーは設備点検のため休業。飲食店や宝飾店は店内に水が入り込み、従業員らが片付けに追われていた。

 大牟田市は午後5時に指定避難所を31カ所開設した。 (片岡寛)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ