Jキックオフ、4カ月ぶり 「やっと応援できる」リモート観戦沸く

西日本新聞 一面 坪井 映里香 岩佐 遼介 森 亮輔

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断していたサッカーJリーグの公式戦が27日、約4カ月ぶりに再開。九州ではJ2のV・ファーレン長崎-ギラヴァンツ北九州が長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎(トラスタ)で、約3カ月半遅れで開幕したJ3のロアッソ熊本-鹿児島ユナイテッドFCが熊本市のえがお健康スタジアム(えがおスタ)で行われ、長崎が2-1、熊本が3-2でそれぞれ勝った。

 試合は感染防止のため、リモートマッチ(無観客試合)で行われた。報道陣の入場は新聞は1社につき記者1人、カメラマン1人に制限。試合前には、選手、審判が医療従事者への感謝を示す拍手を行った。トラスタでは、通常ならフィールドに置かれる広告をバックスタンドに配置した。えがおスタでは、リモート観戦するサポーターの応援する音声が響いた。

 「密」を防ぐ取り組みも行われ、選手は一列ではなくばらばらにピッチへ入場。トラスタでは普段なら記者やイベント参加者が使う部屋も選手のロッカールームとして使われた。

 7月4日にはJ1が再開。同10日以降、段階的に観客を動員する方針。

「九州ダービー」コロナ徹底マークの応援

 新型コロナウイルス感染症の影響で中断していたサッカーJ2が27日、約4カ月ぶりに再開した。この日はV・ファーレン長崎がホームでギラヴァンツ北九州を迎えた「九州ダービー」。当面は感染拡大を防ぐため無観客で試合は行われるが、再開を待ち望んだサポーターたちは思い思いの場所から熱い声援を送った。

 試合開始の午後7時。長崎市の立ち飲み居酒屋には、V・ファーレン長崎のユニホームを着たサポーター十数人が集合。試合を中継するテレビ画面に向かって応援した。長崎が前半5分に先制点を入れると、店内には「よっしゃー!」と歓声が上がった。

 同市の会社員島内太郎さん(55)は「久しぶりにサポーター仲間と会えた。みんなと一緒に応援するのは、やっぱり楽しい」と興奮気味。本田泰之さん(55)も「早くスタジアムで応援したい」と話した。

 北九州市小倉北区のパブには、ギラヴァンツ北九州のサポーターが集まった。友人と来店した同区の会社員中山淳さん(53)は「待ちわびたリーグ再開。やっと応援できる」。マスクを着用して試合の行方を見守った。

 試合はV・ファーレン長崎の勝利に終わったが、家族3人で観戦に訪れた同市戸畑区の岡本浩三さん(78)は「無観客試合の間は、店に来て応援を続ける」と力を込めた。

 J2のアビスパ福岡は28日、アウェーでFC琉球と対戦する。 (坪井映里香、岩佐遼介、森亮輔)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ