「上を向いて歩こう」日田市の藤蔭高吹奏楽部、演奏動画公開 

西日本新聞 大分・日田玖珠版 笠原 和香子

 大分県日田市の藤蔭高吹奏楽部が「上を向いて歩こう」の演奏動画を制作し、同校ホームページ(HP)で公開している。新型コロナウイルスの感染拡大で、公演の機会が失われた部員が「演奏を見てもらい、元気を届けよう」と発案した。動画を見た市民や卒業部員らからは称賛の声が届き、部員たちの励みになっている。

 同部は例年、市内外で年間約70回演奏活動を行い、昨年は県吹奏楽コンクールで金賞を受賞した。ただ今年は2月以降の公演は全て中止になった。

 顧問の山本憲一教諭(53)は日頃から「吹奏楽をする者は人に見てもらうことで成長できる」と指導している。重苦しい気持ちに包まれた部員たちだったが、元気に練習する姿を動画で発信しようと、3年生が中心になって提案した。

 5月下旬、久しぶりに50人の全部員が集まり1日で音合わせを行った後、翌日撮影。6月8日から、5分40秒の動画を公開した。

 公開前には、卒業部員70人から「みんなの演奏を聴ける日が楽しみ」「応援しています」などメッセージが届いた。公開すると「良かった」「楽しかった」との市民らからの声も寄せられ、部員たちも「上を向いて歩こう」という気持ちがより強くなったという。

 部長の諌山愛海さん(18)は「演奏の場がなく悔しかったけれど、応援してくれる人を知って感動した。動画で少しでも元気になってもらえたらうれしい」と話した。 (笠原和香子)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ