【動画あり】「あおり運転」暴行の疑い 福岡県警が男性を書類送検

西日本新聞 森 亮輔

「クラクション鳴らされカッとした」

 高齢男性の運転する車に約700メートルにわたり「あおり運転」をしたとして、福岡県警宗像署は29日、暴行の疑いで、同県宗像市の会社員の男性(36)を宗像区検に書類送検した。起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。男性は「(高齢男性から)クラクションを鳴らされたのでカッとした」と容疑を認めているという。

ドライブレコーダーが捉えた「あおり運転」の一部始終(福岡県警提供)

 書類送検容疑は4月12日午前10時半ごろ、同市栄町の県道などで乗用車を運転中、男性(75)の乗用車にクラクションを鳴らして急接近したり、追い越した後に急ブレーキをかけたりして停車させた疑い。

 署によると、男性は降車して高齢男性の車の窓ガラスをたたいて「あおりよるんか」などと怒鳴ったという。高齢男性は窓を開けずにその場から逃げ、近くの交番に相談。署は、ドライブレコーダーの映像などから運転者の男性を特定した。

(森亮輔)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ