「みずみずしいライチ味わって」 佐賀・基山町の観光農園、2日開園

西日本新聞 佐賀版 星野 楽

 佐賀県基山町の観光農園「ライチつみとり園」で、ライチが真っ赤に実っている。7月2日に開園し、2週間ほど収穫できる。園を運営する農業生産法人ミキファームきやまの三木信雄社長は「みずみずしい果汁を堪能してほしい」と来園を呼び掛けている。

 園ではハウス4棟、計7千平方メートルで約600本のライチを栽培。実はゴルフボールほどの大きさで、三木社長は「冷凍品とは見た目も味も全然違う」と自信を見せる。昨年はハウス1棟を開放。県外を中心に400人以上が訪れ、1週間で完売したという。

 今年は新型コロナウイルス対策として各ハウスに換気用の扇風機を設置する。また、受付では検温やアルコール消毒を行う。

 前日までに予約が必要。金額は100グラム(3個程度)600円。申し込みや問い合わせは同園=090(6890)9519(午前10~午後4時)。

(星野楽)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ