木村王位に藤井七段が挑む 将棋・王位戦、1日から第1局

西日本新聞

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太七段(17)が挑む第61期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第1局が7月1、2日、愛知県豊橋市の「ホテルアークリッシュ豊橋」で指される。史上最年長で初タイトルを得たベテランと、史上最年少での獲得を目指す新星が対決する。

 木村王位はタイトルに7回挑戦し、前期の王位戦で初めて栄冠を手にした。藤井七段は、今月の棋聖戦でタイトル戦挑戦の最年少記録を更新している。

 立会人は谷川浩司九段。持ち時間は各8時間で、初日は午前9時に始まり午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目は午前9時に再開し、夜までに勝敗が決まる見通し。対局は西日本新聞ホームページでも速報する。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ