佐賀南ロータリーCが双眼望遠鏡を寄贈 10月開館「ひがさす」に設置

西日本新聞 佐賀版 穴井 友梨

 佐賀県佐賀市の東よか干潟近くで10月に開館予定のビジターセンター「ひがさす」に設置するため、佐賀南ロータリークラブ(古川尋美会長)が30日、市に双眼望遠鏡を寄贈した。

 同クラブは1992年から社会奉仕活動として東与賀海岸の清掃やシチメンソウの保全に取り組んでおり、創立35周年記念事業として寄贈を決めた。望遠鏡は62万円で展望棟2階に設置。倍率は20倍で、干潟の生き物や飛来する野鳥を観察できる。

 目録を受けとった秀島敏行市長は「遠くから干潟を見に来る人もいて、佐賀南部の活性化にもつながる」と謝意。古川会長は「四季の渡り鳥や有明海特有の干潟を見てほしい」と活用に期待した。 (穴井友梨)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ