コロナ感染、差別しない リボンで「お帰り」児童の活動広がる

西日本新聞 ふくおか都市圏版 今井 知可子

 感染防止のため行動変容が必要となっている新型コロナウイルス。でも、もし感染した人がいても過剰に怖がったり差別したりせず、「ただいま」「おかえり」と迎えられる地域でありたい-。そんな思いをかんきつ系の色に込めた「シトラスリボン」の活動が各地に広がっている。福岡県古賀市の花見小では児童が休み時間にリボンを作り、家族や来校者にも配っている。子どもたちの活動に触発され、古賀市役所職員もリボン作りに取り組み始めた。

 「やったー、できた」「もう7個作ったよ」。昼休み、集まってきた児童が先生に教わりながらシトラスリボンを作っていた。高学年の子が低学年児童に作ってみせる姿も。

 黄色や緑色のリボンで輪を三つ作り、ホチキスでとめる。子どもたちはさっそく、自分の名札に飾る。

 リボンに込められた意味を、児童に聞いてみた。「コロナになった人が病院から帰ってきたときに『お帰り』って言えるように」。6年生の納富小春さん(11)が教えてくれた。

 分散登校から通常登校に移行し、日常が戻ってくるように見えた。だが大住奈留美校長は「コロナが怖い」と見えないものにおびえる子どもたちが気がかりだった。校門でのあいさつもマスクで表情が見えにくく、目を伏せたまま通り過ぎる子もいる。「コロナにコミュニケーション能力が負けそうになっている」

 そんなとき、シトラスリボンの記事を見た。「児童がリボンを作ることで、自分は感染者や医療関係者を差別しない、という心が育ってくれれば」と大住校長。教員たちと試作して、子どもたちに「一緒に作ろう」と呼びかけた。

 家族や先生の分のリボンも作る子どもたち。お友達が感染して休んでも、「お帰り」と言える心づくりをしておこう。そんな思いで取り組んでいる。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ