「断腸の思いで閉店させていただく」…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 具志堅 聡

 「断腸の思いで閉店させていただく」。閉店を伝える文章には、店主の無念さが詰まっていた。新型コロナウイルスの影響を受け、飲食店などは営業を自粛した。中には事業を再開できずに、そのまま廃業を選んだ店がある▼人手不足や後継者不在といった課題を抱え、経営者の高齢化が進む中で事業を断念するケースは少なくない。昨年10月の消費税増税に加え、新型コロナの発生で事業環境はさらに厳しくなっている▼国は「新しい生活様式」で、人との間隔を空けるなどの実践例を挙げた。飲食店であれば店舗の収容人数が制限される分、売り上げは減る。経営者は危機を乗り切るために新たな借金を背負い、営業を続けるべきか苦悩する。なじみの店がなくなるのは寂しいけれど、決断を尊重するしかない。 (具志堅聡)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ