「コロナ後の交流準備を」駐福岡中国総領事、本社来訪し着任あいさつ

西日本新聞 社会面 坂本 信博

 在福岡中国総領事館の総領事に6月11日付で就任した律桂軍氏(52)が30日、あいさつのため西日本新聞社(福岡市)を訪れた。

 柴田建哉社長が来訪を歓迎し「新型コロナウイルス禍で中国からの観光客が途絶え、九州経済に大きな影響が出ている。コロナの収束と人的交流の回復を心待ちにしている」と述べた。

 律氏は、コロナ禍の中での日中の相互支援を振り返り「中国と福岡、九州は一衣帯水の仲間。深い交流の歴史がある。ビザなし交流などコロナ禍が去った後の準備が必要だ」と応じた。 (坂本信博)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ