熊本県南部中心に大雨 一部休校や倒木も

西日本新聞 熊本版 綾部 庸介 村田 直隆

 熊本県内では30日、昼前後にかけて県南部を中心に大雨に見舞われた。

 熊本地方気象台によると、鹿児島県奄美地方にあった梅雨前線が北上。6月29日午前10時から30日午後5時までに五木村で162・5ミリ、湯前町で154・5ミリの降水量を記録した。

 県教育委員会によると、登校用スクールボートの運航停止に伴い、天草市立御所浦小と御所浦中の2校が臨時休校になった。

 水俣市では道路への倒木被害が2件発生。同市浜の湯の児海岸道路は倒木にふさがれ、約3時間にわたり通行止めになった。

 肥薩おれんじ鉄道は八代-肥後田浦間では朝方徐行運転。1本が運休、1本が部分運休したほか、上下6本が最大32分遅れ計約180人に影響した。

 これまでの雨で地盤が緩んでいるところもあり、同気象台は土砂災害に警戒するよう呼び掛けている。 (綾部庸介、村田直隆)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ