震災後に急増「肺炎アウトブレイク」 命救う口腔のケア、医師の報告

被災地での歯科保健活動(上)

 2017年7月の九州豪雨から、まもなく3年。毎年のように発生する“想定外”の事態に、われわれはどう備えるか。福岡県歯科医師会などの要請に自ら手を挙げ、11年東日本大震災や16年熊本地震...

残り 2112文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR