「苦労人」木村VS「新鋭」藤井 角換わりの戦型に 王位戦第1局始まる

西日本新聞

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太七段(17)が挑戦する第61期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第1局が1日、愛知県豊橋市の「ホテルアークリッシュ豊橋」で始まった。

 木村は7回目のタイトル挑戦となった前期の王位戦で初めて栄冠を手にした苦労人。「千駄ケ谷の受け師」の愛称で人気を集める。藤井は、6月の棋聖戦でタイトル挑戦の最年少記録を更新。王位戦とのダブルタイトル戦に臨み、どちらかで勝てば、屋敷伸之九段が持つタイトル獲得の最年少記録(18歳6カ月)も塗り替える。

 振り駒で藤井が先手となり、午前9時、立会人の谷川浩司九段の合図で初手を2六歩と指した。角換わりの戦型になり、藤井は4五歩(39手目)と仕掛けた。木村が5二玉(42手目)と寄った後、藤井が1時間半の長考。そのまま昼食休憩に入った。

 副立会人の山崎隆之八段は「5二玉は実戦例がほとんどなく、木村王位の気合の一手。藤井七段は難しい判断を求められる局面になった」と話した。

 持ち時間は各8時間。初日は午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の2日は午前9時に再開、夜までに勝敗が決まる見通し。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ