王位戦第1局 封じ手は2九角成 藤井が厳しい攻め

西日本新聞

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太七段(17)が挑戦する第61期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第1局が2日午前9時、愛知県豊橋市の「ホテルアークリッシュ豊橋」で再開、指し継がれた。

 前日の手順が再現された後、立会人の谷川浩司九段が木村の封じ手「2九角成」(54手目)を読み上げ、2日目の対局が始まった。

 飛車取りの狙いを通した木村の2九角成は、控室で予想された一手。藤井が落ち着いて6二と(55手目)で守り駒の金をはがしつつ王手をすると、木村はこれを取らずに4三玉(56手目)と逃げた。

 藤井は4四歩(57手目)とたたいて再び王手。同玉と取られると、すかさず5二と(59手目)と寄り、厳しい攻めを続けた。

 副立会人の山崎隆之八段は「藤井七段は迷いなく指しているが、木村王位も攻め合いに転じそうだ。もう詰む詰まないを意識して指す状況。どちらの攻めが速いかギリギリの戦いで、とても見応えがある局面になった」と話した。

 同日午後には勝敗が決まる見通し。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ