「ダンシング・ベートーヴェン」 第九を踊り伝える人類の友愛と調和

配給会社お薦めの一作~オンラインで見る「Help! The プロジェクト」

 独立系の映画配給会社がコロナ対策で結集し、それぞれ権利を持つ旧作を会社別に「見放題」パックにまとめてインターネットで有料配信する「Help! The 映画配給会社プロジェクト」。配信13社の方々に自社パックから推薦作を選んでもらい、見どころを紹介してもらっています。

 「ダンシング・ベートーヴェン」(アランチャ・アギーレ監督=2016年、スイス・スペイン、83分)

 ★シンカ代表の裵秀俊(ベェ・スージュン)さんから

 【作品】

 今の時代にこそ多くの方に見ていただきたい、ドキュメンタリー映画を紹介させてもらいます。

 1964年に初演され、20世紀バレエ史上に残る傑作と謳(うた)われた伝説のステージ、ベートーヴェンの最高峰「第九交響曲」。天才振付家の故モーリス・ベジャール(1927~2007)率いる20世紀バレエ団が踊り、世界各地でセンセーションを巻き起こしました。

 ベジャール亡き後は長らく再演不可能とされてきましたが、2014年、ベジャールが絶大な信頼を寄せていたジル・ロマン(「モーリス・ベジャール・バレエ団」芸術監督)の手により、同バレエ団と東京バレエ団との共同制作として再演が実現しました。本作は、その空前絶後の一大プロジェクトの舞台裏を追ったドキュメンタリーです。

 その圧倒的な身体表現が謳い上げるのは「人類皆兄弟」というメッセージ。人種、性別、社会的背景の異なる「兄弟たち」が手をつなぎ、輪になり、力強く舞い踊るその姿は「社会の断絶」が叫ばれる今の時代にこそ必要なものと感じます。そして、この映画はそんな理想郷の世界を、言葉や知識ではなくまさに「体験」させてくれます。

 【シンカ】

 2012年に設立。映画ファンの皆様に映画作品を通して“衝撃”と“高揚感”をお届けすることをテーマに、明日の景色を少しだけ変えてくれる、すてきな映画を探し続けております。映画祭での受賞作から、カルチャーを掘り下げたドキュメンタリー作品まで、個性あふれる作品世界を楽しんでいただければうれしいです。

 【私の映画愛】

 自宅の隣が看板屋さんで、小中学生の頃はいつも絵描きの方が映画封切り用の看板を書いているのをそばで見ていたのが映画をたくさん見るようになったきっかけです。

 高校生くらいからフランシス・フォード・コッポラ監督やマーチン・スコセッシ監督の作品に影響されました。映画演出という乗り物に乗せて見る者を夢中にさせながらも、観賞後には観客の心の中にメッセージを強烈に残していく、そんなエンターテインメント性と社会メッセージがバランス良く表現された映画作品が好みになりました。

 自分たちが手掛ける作品についても、小さくとも見た人の心の中に何らかの影響を与える作品をこれからも世に出していきたいです。

「ダンシング・ベートーヴェン」より©Fondation Maurice Béjart, 2015 ©Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015

 

 ★鑑賞記者の感想

 フランスの著名なバレエ振付家、モーリス・ベジャールの代表作「第九交響曲」を、彼がかつて率いたモーリス・ベジャール・バレエ団(スイス・ローザンヌ)と東京バレエ団が共同制作し、2014年に東京で共演した。その本番までのけいこの日々を中心に追った記録だ。

 モーリス・ベジャール・バレエ団の団員は世界各国から人材が集う。フランス、スペイン、ウクライナ、南米、日本…出身国は多彩で、アフリカ系だろうか、黒人もいる。ベジャールの後任の芸術監督、ジル・ロマンは「バラバラであると同時に団結している。まさに『第九』の世界だね。ダンスに差別はない」というのだ。

 さまざまな肌と髪の色のダンサーたちがシンクロしながら手を取り合ったり、抱き合ったり。手をつないで輪になって踊り回ったり、あるいは横に手をつないで共に躍動したりする群像は、人類の友愛と調和を、身をもって表現しているように見える。

 しなやかで伸びやか、ダイナミックなベジャールの振り付けは、生きる喜びに満ちている。ベートーヴェンの圧倒的な音楽に重ねると、その群像ダンスはインパクトを増して、未来をポジティブで理想的な方向へ導くような熱量と輝きを放つかのようだ。

 けいこを重ねるダンサーは美しい。妊娠して中心的な役を降りる者もいる。けいこ中に捻挫し本番出演が難しくなった者もいる。アクシデントを補い合い、人類の連帯という思いを託す本番へ団員たちの熱意とエネルギーが結集する。

 本番の舞台全編を通しで見たくなった。元気と励ましをもらえるような気がする。(吉田昭一郎)

 ◆シンカ見放題配信パック(「ダンシング・ベートーヴェン」など25作品)3カ月2480円(税込み)/寄付込み・6カ月5000円/同10000円。8月15日まで販売する。

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR