『マックス・ヴェーバー──主体的人間の悲喜劇』 今野元 著

西日本新聞 夕刊

 『マックス・ヴェーバー──主体的人間の悲喜劇』(今野元著、岩波新書、946円) 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』など数多くの名著を残し、日本の知識人にも大きな影響を与えてきたドイツの社会学者ヴェーバー。「知の巨人」の没後100年に合わせ、闘争の時代を生きたその軌跡をたどり、彼の思想を捉え直した評伝。(岩波新書、946円)

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ