【やさしい日本語】七夕(たなばた)の 飾(かざ)りを 子(こ)どもたちが つくった

西日本新聞

7月 がつ7日なのかは「七夕たなばた」のです。

日本にっぽんでは  むかしから、七夕たなばたに  おねがいをします。

ねがいを  いた  かみを、「ササ」という  植物しょくぶつ(plant)に  つけて  かざります。

佐賀さがけんの  吉野ケ里よしのがり歴史れきしこうえんでも、毎年まいとし七夕たなばたの  かざりを  つくります。

10ねんぐらいまえから、ちかくの  どもたちが  て、かざるように  なりました。

今年ことしは 7月 がつ3日みっかまでに、200にんが  る  予定よていです。

7月 がつ1日ついたちには、80にんぐらいのどもが  ました。

ねがいを  く「短冊たんざく」という  細長ほそながい  かみに、「ピアノが  じょうず  になりたいです」とか、

1日いちにちはやく  コロナが  なくなりますように」と  きました。

そして、かみかざりと  いっしょに  ササに  つけました。

ちかくの  保育園ほいくえんの  大石おおいし こころちゃんも、たのしそうに  参加さんかして  いました。

だれよりもはやく  はしれるように  なりますように」と  いた  そうです。

七夕たなばたの  かざりは、こうえんの「芝生しばふ広場ひろば」という  場所ばしょに  あります。

7月 がつ12にちまで、だれでも短冊たんざくを  かざることが  できます。

もとの  記事きじは  こちら

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ