筑後川花火大会、今年は中止 コロナ感染対策が困難 久留米市

西日本新聞 片岡 寛

 福岡県久留米市で10月25日に予定されていた「第361回筑後川花火大会」(西日本新聞社などでつくる実行委員会主催)は、新型コロナウイルスの影響で中止が決まった。例年、河川敷に10万人を超える見物客が集まるため、感染防止対策の徹底が困難と判断した。太平洋戦争による中断を経て1950年に復活して以降、中止は初めて。

 筑後川花火大会は360年超の歴史があり、約1万8千発の花火が上がる西日本有数の規模で知られる。毎年8月5日に開催してきたが、今年は当初予定されていた東京五輪・パラリンピックと時期が重なったため、警備員の確保が困難だとして10月への延期を決めていた。(片岡寛)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ