熊本県が宿泊支援策実施へ 九州在住者対象、1泊最大5千円割引

西日本新聞 壇 知里

 熊本県は2日、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた宿泊・観光業の支援策として、県内のホテル・旅館の宿泊代金を1泊最大5千円割り引くキャンペーンを始めると発表した。期間は7日~8月31日。九州7県で最大規模の先着20万泊分を対象とする。

 今月6~19日に宿泊施設や旅行予約サイトなどで県内在住者の予約を受け付け、20日以降は九州7県在住者に拡大する。締め切りは8月2日。

 チェックアウトの際、運転免許証など居住地の分かる証明書を提示すれば割引対象となり、県が施設に助成金を交付する。事業費10億円で、対象施設は6日以降、県観光連盟のホームページに順次掲載する。

 また、熊本、大分両県を結ぶJR豊肥線の全線運行再開を来月8日に控え、同県と連携し、互いの県を旅行する両県民を対象とした割引事業を7月中旬から始めることも明らかにした。詳細は近日発表する。

 熊本県によると、県内の3~7月の宿泊客数は前年同期比84%程度減少し、経済的損失は631億円を超える見込みという。(壇知里)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ