飛沫防ぐ段ボール仕切り開発 長崎のメーカー 窓に特殊フィルム

西日本新聞 長崎・佐世保版 華山 哲幸

 長崎市の段ボール製造・販売「平尾ダンボール」が飛沫(ひまつ)を防ぐ段ボール製の仕切りを開発した。新型コロナウイルスの感染防止に役立ててもらう。県内の企業などから100件超の注文を受けており、平尾秋成常務(44)は「少しでも元の生活に戻れるように協力したい」と意気込んでいる。

 緊急事態宣言の解除に伴い、企業などの活動は徐々に再開しつつあるが、オフィスなど限られた空間では人との距離を保つことが難しい。同社は4月に行政機関から相談を受け、荷造りや輸送用の段ボールを手掛ける技術を応用。軽くて頑丈、持ち運びも便利な仕切りを完成させた。口コミで評判が広まり、注文が相次いでいる。

 「高さ75センチ、幅2メートル」の上限内であれば、オフィスや机の大きさに応じてオーダーメードが可能。枠の部分は段ボールを貼り合わせて強度を上げ、窓の部分はほこりのつきにくい特殊なフィルムを使用した。窓の下で書類などのやりとりができるよう、15センチほどの隙間を設けている。

 同社は段ボール製のおもちゃなどの開発にも取り組んでおり、図面や作り方をSNSやホームページで発信することも検討。自在に加工できる段ボールの魅力を知ってほしい考えだ。平尾常務は「子どもたちが家でも楽しく遊べるような仕掛けも考えたい」と話す。仕切りの料金は幅1メートル以内1560円、1~2メートル2040円。同社=095(838)2063。 (華山哲幸)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ