言葉が時代とともに…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 斉藤 幸奈

 言葉が時代とともに変化するのは当然のことだと思う。それでも最近気になるのが「地雷メーク」という言葉。泣きはらしたような赤い目元が特徴で、いろいろな著名人が写真を公開し、話題になった。見た目からは分からないが関わると面倒な人を「地雷女」と呼ぶことが由来になっているらしい▼撤去が難しく無差別に人を殺傷する地雷は、多くの人を苦しめる。子どもが犠牲になることもある。この言葉の使い方に違和感を抱かずにはいられなかったが、地雷という言葉は以前からさまざまな場面で使われていることにも思い至った▼触れてはいけないことに触れてしまった「地雷を踏んだ」はかなり浸透している。悪気なく発していたとしても、こんな言葉に胸を痛める人もいるのだと思う。 (斉藤幸奈)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ