長崎県内初、女性の消防分団 避難所での対応、期待高く

西日本新聞 長崎・佐世保版 平山 成美

 長崎県佐世保市消防局は県内で初めて、女性だけの消防分団を発足させた。避難所運営や広報などで女性ならではの役割を担う。豊里美智子分団長(63)は「災害のときに心細く、不安な思いでいる市民の方に、気遣いや優しさを持って接したい」と抱負を語った。

 名称は女性機動分団。市消防団本部を拠点に担当地域を持たず、要請に応じて広範囲で活動する。市消防団に在籍する女性団員48人のうち、19~63歳の39人が所属する。

 予定している活動は防火の広報、消防団入団の促進など。特に期待されているのが、自然災害で避難所に身を寄せる市民への対応。避難所生活が長期化した市民に、女性団員の存在は安心感を与えるという。

 大規模な被災地の避難所では、女性ならではの悩みや課題も報告されている。女性機動分団は当面、月2回の研修を受けながら機能の向上に努める。

 2日夜に発足式があり、朝長則男市長は「将来的には他市も追随することになると思う。お手本となる活動をしてほしい」と激励。消防団章の桜をデザインした団旗を受け取った豊里分団長は「女性の視点で火災予防や防災を考え、女性ならではのアイデアと発想で消防団を活性化できるよう努力したい」と宣誓した。

 4月に研修団員として加わったばかりの市職員、諸隈桃子さん(19)は「気遣いなどを大切にして、緊急時の対応に生かしたい」と話した。 (平山成美)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ