醤油の絞りかすを漬け床や調味料に 糸島の醸造元が商品化

西日本新聞 社会面

 福岡県糸島市二丈深江の「ミツル醤油(しょうゆ)醸造元」が、醤油の搾りかすを使い、野菜の漬け床や肉料理の調味料に活用できる「醤油床」の販売を始めた。

 4代目の城慶典さん(36)が、醸造過程の副産物を無駄にしないよう思案。仕込みが一段落した後の出張が新型コロナウイルスによりキャンセルになり、その時間で試作を重ねて新たに商品化した。

 糸島産の大豆・小麦の醤油床(800グラム)は税込み691円。自社ホームページや同市内の産直市場「伊都菜彩」などで販売中。「仕込んだ醤油の原料は使い切りたい」と城さん。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ