【動画あり】熊本豪雨、17人心肺停止 球磨川は8カ所氾濫

西日本新聞 一面 御厨 尚陽

 停滞する梅雨前線の影響で九州地方は4日、熊本県南部を中心に猛烈な雨に襲われた。県南部を流れる球磨川が広い範囲で氾濫し、沿岸の自治体で土砂崩れや浸水被害が相次いで発生。県内で17人が心肺停止状態で見つかり、1人が重体。7人が行方不明になっている。警察や消防、陸上自衛隊が救助に当たっているが、山間部を中心に救助が行き届かない地域もあり、被害がさらに拡大する恐れもある。

 同県芦北町と津奈木町によると、両町で計2人の死亡が確認された(5日午前0時現在)。

 県によると、球磨川支流近くにある球磨村渡地区の特別養護老人ホーム「千寿園」が水没し、14人が心肺停止で発見された。芦北町、津奈木町で計3人が心肺停止。行方不明は芦北町で4人、津奈木町で2人、人吉市で1人。4日午後2時現在、県内17市町村で避難所が109カ所開設され、少なくとも431世帯871人が避難している。

 芦北町田川地区では、民家3軒が土砂にのみ込まれ、家族とみられる3人が一時行方不明となった。地元消防によると、4日夕までに2人が心肺停止で発見されたという。

 「千寿園」では心肺停止状態の14人のほか、3人が低体温症となった。県からの救助要請を受けた第10管区海上保安本部(鹿児島)が夕方までに1人をヘリで搬送したという。

 球磨村の松谷浩一村長によると、村役場も被災し、停電して電話も不通状態になっているという。

 国土交通省八代河川国道事務所によると、球磨川は少なくとも8カ所で氾濫し、2本の橋が流失。人吉市の堤防が約20メートルにわたり決壊した。相良村と五木村で多くの地区が孤立したほか、八代市坂本町でも40人が孤立。陸上自衛隊などがヘリで救助に当たった。

 気象庁は4日午前4時50分、「数十年に1度の大雨」として熊本、鹿児島両県に大雨特別警報を発表。午前11時50分に大雨警報に切り替えた。発達した積乱雲が帯状に生じる「線状降水帯」ができたとみられる。

 各地の1時間雨量は最大で、熊本県天草市98・0ミリ▽同県芦北町86・5ミリ▽同県球磨村83・5ミリ▽同県水俣市81・0ミリ▽宮崎県えびの市74・5ミリ-など。天草市、球磨村、えびの市では観測史上最大となった。

 消防庁によると、警戒レベルが最も高い「災害発生情報」が一時、熊本県内4町の1万6127世帯3万8615人に出された。

 JR九州によると、九州新幹線が熊本-鹿児島中央間の上下線で一時運転を見合わせた。九州自動車道も、土砂崩れの影響で一時、一部通行止めになった。九州電力によると、5日午前0時現在、熊本県内で約6120戸が停電している。

きょうも大雨の恐れ

 梅雨前線の影響で、九州地方では5日以降も大雨となる恐れがある。特に6日は梅雨前線が活発化し、1時間雨量50ミリ以上の非常に激しい雨が降る可能性があり、気象庁は土砂災害や河川の増水・氾濫への厳重な警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、5日夜から6日昼ごろにかけて、梅雨前線が鹿児島県付近から熊本県付近へ北上。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気が不安定になるという。

 熊本県ではいずれも多いところで、5日の1時間雨量を40ミリ、6日午後6時までの24時間雨量を200ミリ、48時間雨量を250ミリと予想している。 (御厨尚陽)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ